※カトウ打刃物製作所(旧:カネ弘打刃物製作所)が下記のTVに出演!
 テレビ朝日【日本のチカラ「未来へ響け!槌の音~若き鍛冶職人の挑戦~」】

 刃物産地として全国で最初に伝統的工芸品の指定を受けた越前打刃物。今では越前の多くの包丁が海外に輸出され、日本でも入手が非常に困難になるほど世界中で高く評価されています。

 カトウ打刃物製作所は伝統産業である越前打刃物を現在は三代受継ぎ、包丁を一貫生産の体制で刃物を製作しています。打刃物の産地、越前でものづくりにこだわり700年。職人たちの積み上げてきた経験と知識を受け継ぎ、真摯に素材と向き合い、職人の魂のこもった手作りによる包丁を一つ一つ丁寧に作っています。

 越前打刃物の特徴として、ハマグリ刃と二枚広げがあります。炉で熱した2枚の刀身を重ねて同時にベルトハンマーで同様に薄く広げていく、「二枚広げ」という越前だけの伝統技法により、薄い刀身になり切れ味の鋭い包丁が出来ます。さらにこの二枚広げの利点は二枚の刀身を重ねるため、炉から取り出した後に温度が一枚の時よりも下がる速度が遅くなり、再び炉に入れて熱する必要がないため、炭素が抜けてしまうという質の低下をとどめるができます。

 ハマグリ刃(蛤の貝のように緩やかにカーブしている刃)と呼ばれる刃の形により、切った食材が張り付くことを軽減してくれます。それだけでなく、直線の刃の形よりもさらに食材に切れ込んでいきます。それらは切れ味が軽い、または鋭いと感じる要素になります。

 心材の刃はV金10号(VG10)で、コバルトも含まれており、錆に強く、耐摩耗性、靭性、硬度の点で刃物鋼としての最適な条件を備え、切れ味が抜群なだけでなく、鍛造により更に切れ味が持続します。

 切れ味は強烈で、髪の毛の生える方向の逆向きに刃を上手に当てると髪の毛を切ることができます! もちろん紙もさらさらと切れますし、トマトも透ける程薄くスライス出来ます。

V金10号(VG10)とは:
 モリブデン・バナジウムだけでもよく切れるのは医療用のメスにも使用されていることからも分かりますが、V金10号は更にコバルトが入っているため、鋭い切れ味が普通のステンレスと違って長期間持続します。つまり研ぐ回数を減らしてくれます。

 ちなみに他の大量生産品のV金10号を2か月程使用した後でさえコピー用紙を綺麗に切ることが出来ました。またこの包丁は心材には硬いV金10号、その両側を柔らかいステンレスで挟みこんでいますので、硬い鋼材の面積が少ないため、研ぎやすい構造になっています。

 柄は黒檀です。黒檀は固くて水に強く耐久性があり末永く使用していただけます。朴木のように変色を気にせずに済みます。

  刀身はハンマーで叩いた槌目模様が職人の技を感じさせ、食材がぴったりと張り付くことを軽減してくれます。

 切れ味の悪い包丁は力を入れる必要があり、切り口が崩れ味を損ない時間も取られます。
 永年の積み上げられてきた伝統技術のこの包丁は本職の方だけでなく、道具にこだわりのある方、料理好きな方にもお勧めです。伝統工芸品と毎日のお料理を楽しまれるのはいかがでしょうか。

■牛刀
■刃付:両刃(右利き・左利き兼用)
■刃長:180mm
■全長:325mm
■刃厚:最大2.7mm
■刃幅:42mm
■重さ:約130g
■柄:黒檀
■心材:コバルト合金(V金10号) ステンレス
■側材:ステンレス

※柄は自然の木材を使用しておりますので、模様や色は写真とは異なります。その際の返品や交換は受け付けておりませんので、あらかじめご了承下さい。

※刃こぼれや、折れ、割れまたは刃が曲がる場合がありますので、冷凍食品には冷凍ナイフ、魚の骨やカニなどの硬いものを切る際には出刃包丁など、それぞれの用途に合わせた専用の包丁をお使いください。たとえ薄い冷凍肉や冷凍した魚のすり身、または小さい骨であっても、刃を痛めますのでご使用はおやめくださいませ。

【送料無料/即納】 6寸 本鍛造 槌目 クロス仕上げ ダマスカス コバルト合金 V金10号 越前打刃物 180mm 牛刀 包丁 黒檀柄 髪の毛も切れる TVで放送 カトウ打刃物製作所 金太郎作-牛刀包丁

【送料無料/即納】  6寸 本鍛造 槌目 クロス仕上げ ダマスカス コバルト合金 V金10号 越前打刃物 180mm 牛刀 包丁 黒檀柄 髪の毛も切れる TVで放送 カトウ打刃物製作所 金太郎作-牛刀包丁

【送料無料/即納】 6寸 本鍛造 槌目 クロス仕上げ ダマスカス コバルト合金 V金10号 越前打刃物 180mm 牛刀 包丁 黒檀柄 髪の毛も切れる TVで放送 カトウ打刃物製作所 金太郎作-牛刀包丁